店舗物件の選び方は事業の成功を左右する大きな要素です

賃料は最大の固定費であり、重要なポイントです

飲食店や商店など、個人向けの商売を始めるにあたっては、店舗となる物件を確保することを必ず行わなければなりません。立地や広さによって賃料が大きく異なりますが、賃料は固定費であり、一度決定すると簡単には変わりません。売り上げが多い時でも少ない時でも、毎月決まった額が必要になります。売り上げが少ない時にはコストの割合が高くなり、事業全体の収益率を下げることになります。そのため、店舗物件を選ぶ際には住居を選ぶ時以上の苦労があります。

居抜き物件の魅力は考え方次第です

店舗物件の中には、最近まで同じような商売をしていて、撤退したことで空いたものがあります。これを居抜き物件と言い、設備をほぼそのまま使えることから、初期投資のコストを大幅に減らすことができます。しかし前に同じ場所で商売に失敗しているという問題があります。順当にいくと失敗すると考えるのが当然ですので、同じ業種でも、前のオーナーとは違う商売をして成功しなければなりません。自分が行う商売に絶対の自信がある場合は居抜き物件の利用を考えるのも一つの方法です。

賃料を安くするコツは住居と同じ

店舗物件も貸し手と借り手の合意のもとに成立するものであり、借りる時期や不動産業者の選び方でコストに大きな差が出ます。閑散期に契約をしたり、複数の業者に競合させるなど、賃貸住宅を安く借りるときと同じことをする必要があります。商売ですのでさらにシビアに考えなければなりません。しかし、条件をクリアした店舗物件を安く借りることができれば、事業の成功へのハードルは随分と下がります。お客様をつけるための戦略はもちろん、店舗物件を安く調達することも同じくらい重要と言えます。

店舗物件の購入は利用目的に合致している造りの物を選ぶことが大切です。特に築年数が浅く傷みが少ない物件は遮音性や断熱性が高いので維持コストを削減できる他、居住性が高いので利用客に喜ばれます。