優良物件を持っている不動産屋には特徴があります

専任媒介物件を持っている

駅前で営業している不動産屋の多くは、仲介または一般媒介物件のみを扱っている会社が多いです。なぜなら、専任媒介契約を大家と結んでいる場合、大家への募集状況の報告義務が多いので手間がかかることが理由に挙げられます。専任媒介契約物件を喜んで扱っている昔ながらの不動産屋には、空くとすぐに埋まってしまう優良物件を多く持っていることが知られています。賃貸物件に住んでいる人の中で一定割合の人は、常に転居先を探していると言われているからです。

保証人を立てて契約出来る物件がある

消費者金融や信販会社は貸金業法改正に伴い大幅なリストラや廃業が起こりましたが、リストラされた人達を多く採用しているのが家賃保証会社です。グレーゾーンな取り立て方法から追い出し屋とも言われていますが、保証人を立てて契約出来る物件を多く担当している不動産屋は、優良物件も多く担当しています。実際に昔ながらの保証人を立てて契約出来る物件には、優良物件が多くを占めているために空きが出るとすぐに埋まってしまい、インターネット上には保証会社必須の不人気物件のみが残っている現状があります。

押し売りを行う営業はしない

地元の昔ながらな営業方法を行っている不動産屋では、押し売りを行う営業スタイルは行っていません。紹介した物件を即日決めるようにとは言わず、資料を持ち帰り1晩考えてみることを勧める業者もいます。賃貸物件を探している時期により、条件にピッタリと合う物件がまだ空いていないこともあるので、頭の中には浮かんでいても居住中物件については話が出来ないからです。一晩考えている間に大家へ連絡を取って探す努力をしている不動産屋には頭が上がらない思いが生まれるでしょう。

帯広市の賃貸物件を借りる場合は、特に冬の寒さ対策がなされているかどうかが大切です。断熱材などがしっかり入っているだけで暖房費が違います。